本文までスキップする

Staff Blog
断熱のお話

日本には四季があって春と秋はとても過ごしやすい国です。 が、過酷な夏がもうすぐやってきます。

個人的な意見ですが日本の夏は、亜熱帯地域ではないか???と疑いたくなるような うだるようなムシムシした暑さが体にこたえますよね。

よくお客様から夏の2階(3階)の暑さをなんとかしたい、断熱塗装で涼しくなる?などのご質問を受けます。

よく論議を醸し出すテーマです。断熱は。

昔はエアコン無しで窓をあけて空気をとおせば夜、眠れたのに・・・ 私はそう思っていますが 皆さまの子供時代はどうでしたか?

夏を例にとってみましょう。

夏の暑さを感じる原因は太陽熱です。太陽熱は輻射熱と呼ばれる可視光線や遠赤外線です。太陽から放射された輻射熱が建物の屋根や壁の温度を上昇させ夏場の建物はヒーターと変貌し、我々人々を温め続けます。そして昨今の住宅にはふんだんに使用された断熱材が小屋裏や壁中に使用されております。

?断熱材があるから建物は熱くならないのではないの???

これは間違い。そもそも断熱材とは熱を伝わりにくくする素材です。冬にセーターやフリースを着ますね?それらは体温を布地に長く溜めこんでおくことで外気温が皮膚に届きにくくするのです。建物についても同様です。ふんだんに使用された断熱材は熱を伝わりにくくするかわりに熱を蓄積します。つまり、放熱に時間がかかるのです。夏場、夜になって外気温が下がっているのに建物の内部が蒸し暑いと感じることはありませんか?これは日中に断熱材がためこんだ熱がじわじわゆっくりと放熱しており、夜になっても室内は輻射熱であたため続けられているのです。 なんとナンセンスな!

世の中は詳しい説明をせずに断熱材を入れて空調費を抑えよう!という流れになっていますが簡単ではありません。

では、どうしたらよいのか?

断熱材はやはり、必要です。なければ外気温の影響をすぐさまに受けるので、外が暑ければ室内は瞬時に熱くなり、外が極寒であれば室内はやはり瞬時に冷えます。

こたえは遮熱

「遮熱」とは、言葉通り、熱を遮ることです。例えば、スポーツ観戦や屋外でのキャンプの時に、寒さ対策で薄いアルミブランケットで体を覆う商品がありますね?あれらは、外気温を遮っています。そのシートでくるまれた内側は体温が外に逃げないように熱を遮っているのです。つまり、家に例えるならば、断熱材に熱が届かなければ断熱材が熱を蓄積することなく、もしくは少しの熱をため込むだけで済むので室内環境はおだやかになります。

例えば真空断熱材とは内部が真空状態になった断熱材です。従来の断熱材であるグラスウールなどがよくつかわれていますが 最大の違いは断熱材内部の空気を抜いて真空状態に保っていることです。これにより、気体の熱伝導率が限りなくゼロになっています。

真空断熱材以外にも遮熱塗料や吹付の遮熱材が世の中にはたくさんあります。

理想の断熱は(私の意見です。興味のある方は世の中のいろいろな意見を探してみてください)遮熱材の内側に断熱材を施して家をくるんでしまうことです。

熱環境についての論議はもちろん断熱遮熱材料だけでなく様々な要因がありますので 一言で回答ができるものではありません。それでも遮熱と断熱するという知識があればそれを施してお客様の家が少しづつ過ごしやすくなることは間違いありません。今年の夏ももうすぐやってきます。ご興味のある方はぜひお問い合わせください。