本文までスキップする

Staff Blog
書斎リフォーム計画 現調編

 

 

先日 既客様から「他の部屋に書斎を新しく作りたい」というご連絡を受け、

現地にて打ち合わせに伺いました。

 

まず今回の既客様とお付き合いが始まったきっかけですが、

「中古の一戸建てを購入するので入居前にリフォームをしたい」という当時新婚さんからのご依頼でした。

御主人は、当時納戸だった部屋を「シックで落ち着いた雰囲気の書斎」を作り、

ここで仕事をする計画をされていましたので、可能な限り要望に沿う形で提案をしました。

(当初写真のような棚がついている納戸)

 

シックにしたい =  ダークな色使い

というセオリーのもとに壁は木目、天井はダークグレーのクロスを使用し、

書斎に設置する本棚も作り付けにしたいという希望でしたので、

ダークな色目の商品を提案しました。

通常仕事場で使用する灯りは昼白色の白い光を設置するのですが、

「いくら仕事場とはいえ絶対暖色系の灯りが良い」という要望もあり、

将来ご自身でライティング計画をたてられるようにライティングダクトを採用しました。

これらの意向を反映した結果の書斎がこちらです!

 

思い描いていた書斎が完成しました!

 

当時はこちらの書斎だけでなくその他の部屋も沢山リフォームをしてくださったのですが、

このたびご連絡頂いた内容が、「他の部屋に書斎を新しく作りたい」

という事なので書斎にフィーチャーしブログに掲載しました。

 

そして今回連絡を頂いてから現在の書斎の様子を拝見し、どのような使い方をしてどれほどの書籍やカバンなどを収納するのか、

デスクから近くに必要な機器は何がどれだけあるのかなどを確認するため訪問しました。

見事に書籍や配線などでいっぱいになっており、

大変気に入って使って下さっていたようで久しぶりに拝見したリフォーム後は、

我が子を見るような気分になりました♪

 

今回はここまでです。

さて次回ですが

現調後どのように打ち合わせを行い、

どのような内容の話し合いをしていくのか書いていこうと思いますので、

見て頂いた方が少しでも参考にしていただければ幸いです。